So-net無料ブログ作成
中国への出張 ブログトップ

ニーハオ・天津 [中国への出張]

JAL841便.jpg
1.はじめに
 急遽決まった中国・天津市の出張から無事帰国致しました。まずは一安心です。。。
話の発端は中国で進めている仕事が思うように捗らないという事での問題を予期しての社内の動きでした。止むに止まれず元上司から「頼む!!」との依頼を受け直行という形でした。
朝焼け.jpg
2.天津の気象状況
 何と言っても空港に降りた途端、排ガスの臭が凄まじかったです。曇の天気でモヤが発生しているようですが、これがなんと光化学スモッグなんです・・・マスクの着用は必須でしたよ~。
機内で「天津は一足早く秋を迎えています。」と言っていた通り日本の11月の気温でした。
高級車.jpg
3.驚きの道路状況
 車て移動する際、そうですね~運転手さんが5分に1回はクラクションを鳴らしますね。車線変更や割り込み、歩行者、バイクなどに対して鳴らしています。入国し数日はうるさく感じましたが慣れる自分が恐ろしいです。ドライバーにとってクラクションがすべての自己主張なのかなぁ?
さらに歩行者は信号に関係なく渡りたい場所を自由に横断します。これも当たり前のようです。
三輪トラック.jpg
4.沸騰する社会
 まさに中国は日本を超えた経済大国となりました。これからも成長し続けると思いますが、あまりの急激さに光と影の部分があるようです。各道路を見ると日本では高級車と言われる3,000ccクラスの車が普通に走っています。軽自動車は一台も見ませんでした。それに対して(影の部分かなぁ)日本では戦前に走っていたような三輪トラックが走っています。
住宅街.jpg
5.住宅事情の違い
 日本では「何時かは一戸建て庭付きの家」という持ち家がひとつのステイタスでしょうが、天津で見る住宅はアパートやマンション風の建物ばかりです。これもお国柄なのかもしれません。それも造成地区には30階建ての住宅が幾棟も建てられ地震は大丈夫かと思いますよ~。
歩道にて.jpg
6.中国の日本食
 残念ながら今回は仕事で出向きましたので食事はホテルの近くの日本料理店で済ませました。日本食といっても料理長は中国の方なので"中国風の日本料理"でした。嗜好の違いは大きいです。どんな料理も油がたっぷりと使われていて・・・あっさり派の日本人には合いません!!
天津タワー.jpg
7.ちょっと散歩・・・
 最終日の早朝に時間ができましたのでホテルの周辺を散歩して来ました。
天津タワーまでは行けませんでしたが、記念に一枚です。近くには動物園もあって人気物のパンダがいるそうです。薄手のジャケットでは肌寒く感じ落ち葉の舞い散る市内の道路でした。
JAL840便.jpg
8.中国そして日本
 市内の通りを見ていて不思議に感じたのは子供の姿が無い事です。上海から訪れた商社マンに尋ねた所、子供たちは朝7時から夜9時位まで学校だそうです。~人材投資ですね!!~
急成長を遂げるアジアの牽引役として日本と中国は大切な関係だと思っています。国としての問題は有るものの世界の経済発展のため互の経済力は今後も重要なものになると思います。
さてさて、名古屋に向かう機内からは夕焼け、そして眼下には若狭湾がはっきりと見えました。
名古屋での湿気を感じる心地よさに安堵です。そうなると・・・お茶漬け食べた~い!! でした。
~終わり。。。
中国への出張 ブログトップ