So-net無料ブログ作成
検索選択
滋賀県を散策 ブログトップ

レトロな街並み・長浜 [滋賀県を散策]

長浜城.jpg
JR米原駅から北陸本線に乗り換えて長浜へ、列車を下りると前を歩くサラリーマン風の彼曰く「列車のドアを手動で開ける習慣が無くて・・・」それもそのはず北陸本線は停車駅ごとにドアは手動開閉なんです。さてさて、一路「豊公園」を目指します。
天守閣.jpg琵琶湖.jpg
公園内を抜けると長浜城(長浜城歴史博物館)があります。熊本城の復興も脳裏に浮かびました。安土桃山時代の城郭を模して復元された天守からは琵琶湖が一望できる、まさに絶景スポットでもあります。その先には広々と琵琶湖が広がっています。
旧校舎.jpg北国道.jpg
折り返すように長浜の街を散策です。目の前には旧開知学校の洋館が見えて来ました。これも長浜の貴重な財産のひとつだと思います。通りを左に進むと北国街道になります。こちらの通りは古い木造家屋が目立ち"江戸時代の街道"を感じます。
商店街.jpg米川沿.jpg
周辺は「黒壁スクエア」と言われる界隈です。大手門通りの交差点には黒壁ガラス館があります。周囲は歩行者天国となり往来する観光客の中には団体客なども含まれていました。優しい風鈴の音色の中、街を流れる米川の運河に涼を感じました。
~終わり。。。

居醒の清水・醒ケ井宿 [滋賀県を散策]

法被.jpg
JR醒ケ井駅を下車すると目の前には観光バスが2台程停められていました。中からはツアー客の御老人たちが・・・日本の原風景を思わせる醒ケ井宿も梅花藻の花が咲く頃には人気が集中するようです。私が最初に訪れた頃は静かでしたけどね!!
地蔵川.jpg水車.jpg
幾度となくこの時期に訪れている醒ケ井も地蔵川の辺へ訪れると"癒されます"何故かそこだけ空気が違うような、これぞマイナスイオンというものなのかもしれません。水面を覗くと一点の澱みもない地蔵川は地域の人達と自然との合作なのでしょう。
梅花藻.jpg川岸.jpg
川べりには、皆さんお目当ての梅花藻の花が咲いていました。ここでは多くの観光客が花をバックに記念撮影です。周囲は地元の人達の生活も垣間見ることが出来ます。川へ通じる石段の近くに花が育っていました。何となく良い漢字の被写体です。
清水.jpg料理屋.jpg
川沿いを上ると神社があり、その麓の川沿いに湧水「居醒の清水」があります。覗くと綺麗な湧水が溢れていました。醒ケ井は古くは中山道の宿場町でもあります。川沿いには料理旅館や民芸店なども点在していました。一服後、長浜を目指しました。
・・・つづく

歴史を物語る町・長浜 [滋賀県を散策]

長浜城.jpg
毎年訪れている醒ヶ井と長浜は、私自身のこの時期の散策コースでもあります。長浜駅を下車し駅前を豊公園へ、程なく見えてくるのが長浜城(長浜城歴史博物館)です。琵琶湖湖畔に建てられた城からの眺めは絶景でしょう。秀吉、一豊公ゆかりの城です。
湖畔.jpg洋館.jpg
天守閣の目の前に広がる琵琶湖の湖畔にやって来ました。この広さは、まるで海のようです。浜名湖では若干海の香りがするのが、それが琵琶湖との違いでもあります。湖畔で寛いだ後は長浜の街中へ、古い洋館(旧開知学校)は長浜の歴史を感じます。
街道.jpg昆布.jpg
道しるべには「北国街道」と書かれていました。北陸へと繋がる道です。周辺は歴史の舞台にもなった所で、賤ヶ岳の戦いや戦国武将「柴田勝家」などの名前も浮かんで来ます。さらに日本海からは海の幸も運ばれ、街道沿いには様々な店が並んでいました。
うどん.jpg運河.jpg
北国街道を先へ、黒壁スクエアが見えて来ました。ここ大手門通りも観光客には人気のスポットで賑わっていました。通りに面した店は懐かしさを感じる昔ながらの佇まいになっていました。そして街中を流れる運河、風鈴の音色とともに涼しさを誘う風景でした。
~終わり。。。

湧くわく街道・醒ヶ井 [滋賀県を散策]

醒ヶ井宿.jpg
夏というと水場の風景が心身をともに癒してくれます。今年も清流の里(湧水の街)、岐阜県の醒ヶ井宿に訪れました。私たち旅人にとっては毎年変わらない自然の姿に心地良さを感じます。実際には、そんな風景も私達が子供の頃には極々近くに有りました。
郵便局.jpg西瓜.jpg
JR醒ヶ井駅から東へ、町内の通りにレトロな洋館があります。以前は郵便局として使われていたようですが、今では資料館になっています。その先へと道を進むと水の音、澄んだ水の流れる地蔵川があります。木の橋の上から西瓜を吊るして冷やしていました。
梅花藻.jpg地蔵川.jpg
川岸のプランターでは清流に生息する梅花藻も綺麗な花を咲かせていました。実際に開花時期に川で咲く花を見ると感動的でしょうね。川岸では家族連れが記念写真を撮っていました。私達の子供の頃であったなら、網を持っていきなり水遊びだと思います。
中山道.jpg大正通.jpg
醒ヶ井宿は中山道の宿場であり江戸時代の五街道の要所でもあります。東は木曽路、そして西へ行くと草津温泉があります。地蔵川周辺には昔の面影を残す旅籠などが残されていました。「きれいな宿・醒ヶ井、ちょっとしたみんなの心で・・・」愛着を感じます。
~終わり。。。

元祖ゆるキャラ [滋賀県を散策]

彦根城.jpg
米原駅で東海道線に乗り換えて南下します。程なく目的地の彦根駅に到着しました。何年かぶりの彦根散策となりました。確か以前は晩秋の落ち葉が舞う頃に訪れたと思いますが、今回は曇り空の中蒸し暑さが感じられ水分補給も必要な状態でした。
山道.jpg琵琶湖.jpg
天守閣までの山道は長かった事が記憶にありましたが、ちよっと予想以上のように感じられました。周辺は整備が行き届いて時代劇のロケなどで使われる所です。国宝の天守閣の急な階段を登り、見渡す風景には琵琶湖北陸方面の山々が見えました。
灯篭.jpg玄宮園.jpg
城内から黒門橋を渡り庭園「玄宮園」へとやって来ました。彦根城内を始め、ここ玄宮園も整備が行き届いています。落ち着いた雰囲気の庭園は紅葉の時期が見頃だそうです。後方には天守閣の姿・・・井伊家の殿様たちもこの風景を見ていたのでしょうね。
彦にゃん①.jpg彦にゃん②.jpg
そしてお待ちかね元祖ゆるキャラ「ひこにゃん」の登場です。博物館(表御殿)前では見物のお客さんで賑わっていました。中には外国の人達も~です。登場後は"ゆる~いパフォーマンス"を見せてくれました。訪れた人達の満面の笑み、さすがひこにゃんです!!
~終わり。。。

醒ヶ井湧くわく [滋賀県を散策]

醒井宿.jpg
今年の醒ヶ井散策は少々遅れた日程となりました。その原因は何と言っても「夏の天候不順」にあります。こちら中部地方でも天気予報で「何処で雨が降っても不思議ではない」とか「外出には傘をお持ちください」と言っていました。曇り空の中、醒ヶ井駅を出発です。
郵便局.jpgラムネ.jpg
地蔵川へと向かう街中には明治期の尋常小学校や大正時代に建てられた洋館・旧醒井郵便局が残されています。そんな空間は「この街に訪れた!!」という情緒を味わう気持ちにさせてくれます。その先の川辺では箱一杯に詰められたラムネが冷やされていました。
十王水.jpg地蔵川.jpg
そして地蔵川に到着です。ここからが「癒しの水空間 醒井宿」と言われるスポットです。橋を渡ると水路に灯篭が「十王」、この周辺から「十王水」の湧水が流れています。川沿いの道を東へと進むと透明な川の流れに梅花藻が揺れていました。花は少なめでした。
梅花藻.jpg中仙道.jpg
梅花藻の花の満開時期からは遅れ気味でしたが、容器の中で咲く小さな花を見る事ができました。変わらぬ清水に花たちも喜んでいるようでした。周辺は地元の人達にとっては大切な生活空間です。川の環境が今後も保全されるように願いたいものです・・・。さてさて、癒しの水空間を十分に堪能し、醒ヶ井→米原から○○城を目指します。ニャン!!
~つづく~

湖岸の町・長浜 [滋賀県を散策]

長浜城.jpg
〔水辺の街へ・滋賀県〕
JR米原駅から北陸本線に乗り換えて車窓から琵琶湖が見えて来ました。・・・その時を待たずに長浜に到着しました。まさにこの街は秀吉の街と言っても良いでしょう。駅から西へ豊公園内を歩いて長浜城(長浜歴史資料館)を目指します。見事な天守閣てす~!!
湖岸.jpg琵琶湖.jpg
天守閣を過ぎて松林の先には大きな石灯籠がありました。まさに「助さんや!! 格さんや!!」なんて言う水戸黄門の姿が浮かびます。ひょっとしてロケ地に使われているような情緒ある風景です。琵琶湖といえば、この時期に行われる鳥人間コンテストでも有名です。
洋館.jpg旧街道.jpg
長浜駅に戻り東方面、商店街の散策に向かいました。交差点の角に三階建ての洋館がありました。明治の小学校(旧開知小学校)のようです。今でも大切に使われているようです。北国街道付近の店には行列が出来ていました。"おぼろ昆布"名物なのかな?
大手門通.jpg運河.jpg
黒壁スクエア周辺にやって来ました。多くの観光客が通りを歩いて行きました。通りには黒壁ガラス館、アーケードの入口には豪華な装飾も施されていました。音楽が流れる通りの中ほどに運河でしょうか川も流れていました。レトロ感たっぷりの長浜散策でした。
~終わり。。。

清流の里~醒井宿 [滋賀県を散策]

醒井宿.jpg
〔水辺の街へ・滋賀県〕
ふとテレビニュースで「滋賀県米原市の醒井地区では梅花藻が見頃になっています!!」という情報を聞くと、今年もいよいよ醒井の散策時期だと思いました。醒ヶ井は何度訪れても感動します!! それは瑞々しい自然に囲まれた憧れの地だからなのかもしれません。
郵便局.jpg旧街道.jpg
JR醒ヶ井駅を出て東へ旧街道を目指します。街道沿いにはいきなりレトロな郵便局が見えて来ました。覗くと今でも使われているような感じです。各地で町並み保存が増えつつありますが特色が有って良いことだと思います。料理店前の灯篭も愛着を感じます。
地蔵川.jpg水車.jpg
さて醒井散策のメインでもある地蔵川沿いにやって来ました。これらの風景を実際に見てしまうと、映画評論家の水野晴郎さんの言葉を借りて「醒井って本当に良いですね!!」の一言がこぼれてしまいます。川沿いに住居が並び今も清流を使った生活がありました。
梅花藻.jpgj待ちワン.jpg
川には小さな梅花藻の花が揺れていました。ちょうど橋の上のプランターに梅花藻がありましたので接写をしました。地蔵川の清流の流れが有るからこそこれだけの花が咲くのでしょうね。醒ヶ井駅に戻ると御主人様を待っているゴールデンを発見・これもパチリです!!
~つづく~

秀吉、一豊、そして江 [滋賀県を散策]

長浜散策①.jpg
北陸本線の列車に揺られ窓から琵琶湖が見えて来ました。いよいよ長浜に到着でございます。
長浜といえば長浜城、太閤秀吉公が築城したのは有名ですね。大河ドラマで山内一豊公を取
り上げ、更に今では浅井三姉妹の「江」ブームが町には巻き起こっている熱い町でもあります。
長浜散策②.jpg
さてさて長浜城行きましょう・・・ありゃ!!以前訪れた時には線路を潜って城まで行ったのですが
新たに駅の西口が出来たようです。そうなると、もう目の前で歩いて2分で到着でありました。
今では豊公園内で鉄筋コンクリート製の歴史資料館なのですが外見は素晴らしいお城です。
長浜散策③.jpg
城を横目に琵琶湖沿いを散策です。我が浜名湖よりは悔しいけれど広いですね。それに加え
て潮の香りがしないので完全な淡水湖といった感じで波が小さな砂浜を作り出していました。
長浜散策④.jpg
再び駅から市内中心部へ古い城下町の姿を今に伝える格子状の通りです。眩しい日差しの中
軒先に吊るされている風鈴の音が一時の涼を呼びます。更に私が気に入ったのはストリート
にJAZZが流れていた事です。そのリズムも真夏を上手に過ごすためのヒントになりそうです。
西日が眩しく感じる頃北陸本線で一路米原駅へ、長浜の街づくりと人々の心意気にnice!!デス。
長浜散策⑤.jpg

ハリヨと梅花藻の里へ [滋賀県を散策]

醒ヶ井①.jpg
「川の湧き水を直接飲んでみたい!!」と思うほどです。これ程までに綺麗な川の流れを私は忘れ
る事は出来ませんでした。米原市の醒ヶ井は「居醒の清水」として名水百選に選ばれた所です。
それらは日々自然保護を行っている地元の人達が居るから・・・本当にご苦労様でございます。
醒ヶ井②.jpg
前回訪れたのはJR東海のさわやかウォーキングの常設コースとしての散策でした。何時もそ
うなのですが知らない所へ訪れるのはワクワクしますよね。地蔵川を見た瞬間、黒澤明監督
映画「夢」で映されたシーンを思い浮かべていました。まさに醒ヶ井は夢のような街なんです!
醒ヶ井③.jpg
その自然の姿に加えて有名なのが「梅花藻」です。水面に小さな梅の花のような花を咲かせ
る事から名付けられたようです。最近では水質の悪化原因もあって藻が減りつつあるようです。
醒ヶ井④.jpg
そして魚で有名なのが「ハリヨ」です。この地方の清流にだけ住む淡水魚なのですが、近年自
然界では絶滅してしまったようで、今では大学の研究所で人工的に生育させているようです。
ちょうど佐渡島のトキのような形ですが一度失ってしまった自然を再生するのは大変なのです。
次回訪れる際も同じような風景、川の流れを願いつつ、お気に入りの街を後にしたのです。。。
醒ヶ井⑤.jpg
滋賀県を散策 ブログトップ