So-net無料ブログ作成
静岡県を散策 ブログトップ
前の10件 | -

潮の香りと人情・舞阪宿 [静岡県を散策]

漁船.jpg
訪れた当日は、この時期としては予想以上の好天に恵まれ"暑い"の一言でした。JR弁天島駅を下車し浜名湖沿いを東へ、舞阪漁港を目指します。日中ということもあって漁港は静かな佇まいです。長い竿を並べて数人の太公望たちが釣り三昧でした。
逆光.jpg弁天島.jpg
漁船沿いの景色を眺めながら歩いていると、魚の匂いがして来ました。これも漁港ならではの雰囲気を感じさせてくれます。あえて逆光での漁船撮影、奥に見えるのは浜名湖大橋になります。振り向くと弁天島温泉街との距離の近さにも驚かされます。
松林.jpg灯台.jpg
港を離れてさらに南へ、静かな集落を抜けると松林が広がっていました。古くは海からの影響を避けるために作られたものなのでしょう。起伏のある尾根伝いの道を東へ、見えて来たのが「舞阪灯台」です。今でも遠州灘の安全の一役を担っています。
脇本陣.jpg奥庭.jpg
舞阪の宿場町であった集落に戻り、今でも現存する「脇本陣」を目指しました。辿り着いた時の時刻は16時5分前・・・閉館時間が16時でしたので(⇒無理かなぁ!!)と思い覗いて見た所、快く受け入れて頂きました。(その人情~有難い限りで~す!!)
~終わり。。。
nice!(15)  コメント(0) 

スローライフ・登呂遺跡 [静岡県を散策]

案内.jpg
アフリカで誕生した私達の祖先は、やがてアジアを経て日本にやって来ました。日本人のルーツは縄文系と弥生系に分類されるなどとも言われます。そんなロマンを感じつつ久々に静岡駅を下車し、歩くこと南へ30分弱の特別史跡・登呂遺跡を訪れました。 
館内.jpg丸太舟.jpg
まずは、登呂博物館へ足を進めます。以前訪れた時の事を考えるとリニューアルされた館内です。1階の展示ブースは無料体験も出来、写真撮影も自由となっています。館内に作られた住居跡や道具を片手に、休日の一時を過ごす家族の姿がありました。
住居.jpg火起し.jpg
そして遺跡へ・・・歴史の教科書でも有名な竪穴式住居が見えて来ました。弥生時代後期、1世紀頃の遺跡だそうです。・・・その頃から私達の祖先がこの地に生活をしていたと思うと驚きです。高床式倉庫の近くでは「火起し体験」が行われていました。
集落.jpg
そして周辺のビルが映り込まないような写真を1枚。(ちょっと博物館が!!)自然に恵まれた集落を眺めていると"人間ってあまり成長していないような~"思いを感じ始めていました。文明の発達に加え、心を培うスローライフの考えも必要だと実感しました。
~終わり。。。
nice!(14)  コメント(0) 

富士と湧水の恵み・三島 [静岡県を散策]

楽寿園.jpg
駅を出ると幾分涼しさを感じました。県内でも当日の浜松と三島では温度差があるようです。JR三島駅南口を出て「楽寿園」を目指します。受付で小浜池の様子を聞きますと「今年は渇水状態なんですよ!!」との事、これも自然の現象の結果ですからね。 
灯籠.jpg小浜池.jpg
園内で一息ついて楽寿館への道を歩きます。緑に覆われた周囲には筋状の三島溶岩流が観察できます。楽寿館の対岸までやって来ました。目の前に広がる小浜池は渇水状態でした。最近の満水は平成23年で、昨今の水不足の影響もあるようです。
川遊び.jpgアーチ.jpg
この状況を思いつつ、源兵衛川へ向かいました。流れはあるものの、過去に訪れた水量からみると少なめです。何時ものようにサンダルのまま"ドボン"冷たく心地良い感覚が伝わって来ました。案の定、浅瀬では子供達がずぶ濡れで遊んでいました。
大社殿.jpg水汲み.jpg
源兵衛川を離れ三島大社を目指します。参道を歩いていると、吹く風に流れてくる風鈴の音が涼を感じさせてくれました。そして駅方面を目指し、泳ぐ鴨を眺めつつ桜川沿いを歩きます。白滝公園では「めぐみの子」が夏の装いで水汲みをしていました。
~終わり。。。
nice!(10)  コメント(1) 

観覧車と富士・富士川SA [静岡県を散策]

岩淵.jpg
JR新富士駅を下車し富士市内を通り富士川沿いに到着しました。看板には「間宿・岩淵」と書かれています。間宿とは宿場の間に設けられた、今で言うと休憩所のようのな物だそうです。ここ岩淵地区は渡船場も設けられ旅人の往来も激しかったでしょうね。
富士橋.jpg富士川.jpg
さて、まずは富士川橋の歩道へ向かいます。既に建設されてから50年となるトラスト橋は地域の大切な交通機関となっています。中ほどからお目当ての富士山を要チェックです。ちょうど雲が掛かる状態ですが、ここは有難く写真に収めたいと思います。
楽座.jpg市場.jpg
そして富士川サービスエリア「道の駅・富士川楽座」を訪れました。東名高速道上りルートはもとより、一般道の道の駅としても賑わう施設です。エリア内では地元特産の魚介類や乳製品などが販売され、オープンエリアでは骨董市が行われていました。
観覧車.jpg富士山.jpg
今回の目的の一つに、富士川楽座に今年2月にオープンした観覧車のチェック!!がありました。観覧車は愛知県のハイウェイ・オアシス刈谷にも設置されています。観覧車から望む富士山の絶景は素晴らしいでしょうね~徐々に富士山が見えて来ました!!
~終わり。。。

星に願いを!!・清水七夕 [静岡県を散策]

七夕祭.jpg
清水駅に到着すると(~以前訪れた際には雨が降っていた。)なんて事を思い出しました。今年は、その状況を覆すほどの暑い、熱い商店街の中「清水七夕祭り」が行われていました。天気が良ければ人出も"うなきのぼり"混雑を抜けながらの散策です。
まる子.jpg直虎.jpg
清水七夕といえば地元を舞台にした"ちびまる子ちゃん"の七夕飾りはお約束状態です。会場の数か所に、言わば"まる子飾り"がありました。そしてもう一つのお約束は"直虎飾り"です。大河ドラマ放映にちなんで、家康くんと並んで飾られていました。
短冊.jpg風船釣.jpg
大きな飾りの間に、短冊が掛けられた笹もありました。「計算が出来ますように・・・」など子供達の願いは様々なようです。夏祭りともなれば子供達も"勝負師"に変身です。風船釣りや射的、そして金魚すくいなど努力を惜しまない眼差しが懐かしいです。
風鈴.jpg家族.jpg
商店街では団扇が無料で配られていました。かき氷の露店には買い求める列が出来ていました。ふと。陶器店の店先を通ると"リ~ン!!"と風鈴の音色が涼を呼びます。会場では訪れる夏休みを前に、多くの家族、そして子供達の笑顔が見られました。
~終わり。。。

歴史から学ぶ・佐吉の里 [静岡県を散策]

蛍の里.jpg
久しぶりに湖西市の田園とその周辺の風景を求め散策をして来ました。車の往来の激しい工業地帯を下ると一瞬にして静かな空間です。聞こえて来るのは木々を揺らす風の音や鳥たちの囀りだけです。訪れた"ほたるの里"周辺は整備されていました。
水車.jpg記念館.jpg
昨年訪れた際には水車が故障して回っていなかったのですが整備されたようです。注がれる水を受けゆっくりと回る水車に穏やかな時の流れを感じてしまいます。さらに水田の広がる地区を通り、湖西市山口地区の「豊田佐吉記念館」を訪れました。
織機.jpg生家.jpg
正門を通り展示室内へ、中には年代ごとの織機が展示されていました。有名なG型自動織機は現在のトヨタの先駆けとなった物です。母屋を抜け展望台へ歩く散策路は山道になっていました。道を下り終えた所に茅葺の生家が復元されていました。
参道.jpg本堂.jpg
さらに東を目指し鷲津地区へ、ここで有名なのが本興寺で500年ほどの歴史があるようです。私が年末に訪れ大絵馬を確認するのも寺の参道からです。今年は豊田佐吉生誕150年ということです。まだまだ過去に学ぶことが多いと思う道すがらでした。
~終わり。。。

懐かしい風景・天竜二俣 [静岡県を散策]

遠鉄.jpg
JR浜松駅から遠州鉄道に乗り換え約30分で終点の「西鹿島」へ到着します。周辺は浜松市とは思えない程の自然が広がっています。(鶯の声も・・・!!)久々に訪れた天竜二俣、今年は直虎ブームの影響もあって観光PRも盛んに行なわれていました。
鹿島橋.jpg二俣本町.jpg
駅から北へ、天竜川沿いを歩きます。手前には天竜浜名湖鉄道の鉄橋が見え、その先に鹿島橋があります。地域の主要道でもある国道152号線は車の往来が激しいです。橋を渡り二俣本町駅へ、ちょうど下り列車が過ぎた後を写真に収めました。
伝承館.jpgバイク.jpg
町内を歩くと幟が~「おかえりなさい、昭和の町二俣に」街の雰囲気は私達が子供の頃に走り回っていた昭和の雰囲気でした。そして「本田宗一郎ものづくり伝承館」へ、ここでも多くの懐かしいバイクの展示に当時の話をする人々の姿が見られました。
天竜二俣.jpg新所原行.jpg
二俣町へ戻り、天竜二俣駅に到着しました。ここでは旧国鉄・二俣線時代の転車台を見学する事か出来多くの人達で賑わっていました。さてさて、下り列車がホームに到着しました。目的地まで山間のミカン畑と浜名湖の景観を楽しむ約1時間の旅が始まります。
~終わり。。。

厄除けだんご・法多山 [静岡県を散策]

エコパ.jpg
JR東海道線の愛野駅を下車し、エコパスタジアムを目指します。2002年にはFIFAワールドカップ、2019年にはラグービー・ワールドカップの競技場となります。今回は競技場を超え山間の道を法多山「尊永寺」を目指します。新緑の時期の山歩きは心地良いものです、聞こえて来るのは木々を揺らす風の音と、透き通るような鶯の鳴き声だけでした。 
山門.jpg言葉.jpg
歩くこと20分程で法多山に到着です。初詣の頃には大渋滞する参道も、この時期は数人の家族や男女が訪れる程度でした。参道の途中にお言葉が~「謙虚な心に 降り注ぐ 幸せ」古くは奈良時代に創建された寺の歴史や教えを問うものになっていました。
石段.jpg本堂.jpg
さてさて、目の前には強烈な壁のような石段です!!以前訪れた際にも辛かった事だけは覚えています。犬山の成田山別院の石段が130段でしたので、今回も数えて上る事にしました。数えながら上っても厳しい試練・・・石段の数は258段程でした~お疲れ!!
だんご.jpg青紅葉.jpg
本堂でお参りを済ませて下山の順路へと、途中にあるのが茶店です。ここ法多山の名物「厄除けだんご」は150年の歴史があるそうです。参道の坂道で疲れた体を癒すには"最高の美味"でございます!! 青葉の頃、江戸の風情は今でも息づいていました。
~終わり。。。

小さな自然の中で・里山 [静岡県を散策]

小屋.jpg
少々身軽な服装で里山を歩いていると目の前を猛スピードで鳥が飛び抜けて行きました。その姿はスズメではありません。お判りの通り、今年もツバメ達が春の日本列島に訪れてくれたことを嬉しく思う道すがらでした。仕込みの時期を迎える里山です。
ため池.jpg用水路.jpg
農業用の小屋から坂道を歩き見えて来たのは「ため池」です。半分程度の水量の中、周囲の緑も時期に鮮やかさを取り戻そうとしていました。山から流れ出る水も農業用水路を伝い徐々に流れが増えているようです。この時期は、まだ冷たさが残る水です。
水田.jpg菜の花.jpg
早いもので水路の脇の水田では代掻きが済んでいました。この時期よく見かけるのがトラクターとサギの姿です。例年の風景ですが、その姿を見られる安堵感に自然の大切さを感じます。畑で見られる菜の花は夏に向けての土壌改良用だと思われます。
タンポポ.jpg綿帽子.jpg
農業用の道路沿いには、あらゆる所にタンポポが咲いていました。ふと絵本画家の甲斐伸枝さんの事を思い出したり・・・。目線を下げて、小さな自然を観察するのも時には良いのかもしれません。私の目の前でタンポポの綿帽子が風に揺れていました。
~終わり。。。

心に鍵を!!・舘山寺温泉 [静岡県を散策]

九重.jpg
遊園地「浜名湖パルパル」を過ぎ、さらに湖畔沿いの道を歩きます。目の前には舘山寺で最も大きなホテル九重が見えて来ました。豪華なホテルの佇まいに加えて浜名湖が一望できる景色は宿泊客にとっては、そのものが心に残る土産となる事でしょう。
志ぶき.jpg地蔵.jpg
ホテル街のちょうど中間地点に、うなぎ料理の「志ぶき」さんがあります。何時伺っても「もうダメ~!!」という感じです。何がと言うと店から手招きをするような蒲焼の匂いが漂って来ますからねぇ!!逸る心を抑えて"うなぎ地蔵"さんにご挨拶をして先を急ぎました。
参道.jpg舘山寺.jpg
さてさて湖畔の道が坂道になり始めた頃、目的地である舘山寺に到着しました。寺の歴史を確認すると平安時代のようで歴史ある寺院です。観光シーズンともなれば旅館の浴衣を着て夕暮れ時に浜名湖の夜景を見ながら訪れても絵になるような古寺です!!
縁結び.jpg心に鍵.jpg
舘山寺の隣には「縁結び地蔵」があります。周囲には夥しい数の絵馬が掲げられていました。絵馬には心の文字と鍵の絵が描かれています。「心を開く!!」という意味なのかと思いましたが、どちらかと言うと「邪念を捨て一心に願う」という意味の方が近いみたいです。縁結び・・・それは御縁に対し自身の心とも向き合う大切な時間なのかもしれませんね。
~終わり。。。
前の10件 | - 静岡県を散策 ブログトップ