So-net無料ブログ作成
静岡県を散策 ブログトップ
前の10件 | -

過去から未来へ・清水港 [静岡県を散策]

清水港.jpg
浜松駅では春の日差しを感じて新幹線に乗り込みました。ところが、どうでしょう!!静岡駅を経由し港の見える清水駅では、肌寒さに加えてどんよりとした曇り空、幾分霧雨を感じるほどでした。これこそ、東西に長い静岡県ならではの気象状況ですね。
港線跡.jpg積込具.jpg
清水港沿いを通り「清水マリンパーク」まで歩きます。整備された道は過去に清水駅から三保駅まで走る「清水港線」がありました。そしてマリンパークの中心に位置するのが「清水港テルファー」です。ともに港の歴史を物語る上で重要な遺産です。
ヨット.jpg公園碑.jpg
今では大型船が訪れる清水港は埠頭が整備され、入江に位置する港はヨットハーバーなどの用途に変わり公園化されたのでしょう。点在する石造りのモニュメントの中には地元の子供達が描いたタイル絵がマンボーの姿となって泳いでいました。
遊具.jpg聖地.jpg
公園内には大きな観覧車を始めとする数多くの遊戯施設があります。さらにエスパルスドリームプラザは観光客も訪れる商業施設となっています。港を一望できる所に「恋人の聖地」の鐘がありました。過去を経て賑わい絶えない清水の港風景でした。
~終わり。。。
nice!(19)  コメント(2) 

暖かな日差し・小国神社 [静岡県を散策]

拝殿.jpg
天気予報で「今日は平年を上回る気温となるでしょう!!」という情報が流れて来ると何処となく嬉しいものですね。普段より薄着の服装で東名高速道路を走り、袋井ICに到着です。さらに一般道を北上し、静岡県の森町にある「小国神社」を目指しました。
おみくじ.jpg御神木.jpg
i穏やかな日差しを遮る杉林を歩いていると澄んだ空気の流れを感じます。程なく鳥居が見え、まずは拝殿で参拝を済ませ周囲をチェックです。列をなした「おみくじ箱」は選ぶのに迷うほどです。御神木に巻かれたしめ縄には多くの賽銭がありました。
大黒様.jpg事待池.jpg
小国神社に祭られているのは大国主命です。「だいこくさま」は因幡の白うさぎでも知られている神です。子供達にも分かるように絵で描かれていました。参道の中ほどの事待池は、杉林から降り注ぐ日差しによって春らしい風景となっていました。
御案内.jpg茶屋.jpg
参拝を済ませれば少々の休憩・・・これも昔からの定番ですよね。小國神社前でも、ここ数年前から「ことまち横丁」が整備されました。名物の静岡茶を中心に甘味処の店舗が並んでいました。春の暖かな日差しの中に笑顔の家族の姿がありました。
~終わり。。。
nice!(17)  コメント(2) 

天守と桜の共演・掛川城 [静岡県を散策]

天守閣.jpg
早咲きの桜の便りが届く頃、テレビでは静岡県西部の掛川城のニュースが流れていました。ソメイヨシノの開花を前に、私を含め皆さん待ち切れないようですね。東海道新幹線からは目にする掛川城へ一足早く・・・花見に出かけて来ました。
登城口.jpg金次郎.jpg
天守閣の白壁と桜、背景は春の日差しの青空です。周囲には雲も表れていますが、写真としては「こんなものかなぁ~!!」といった具合です。そして広場の中ほどに大きなパネルを発見!! 「茶のみやきんじろう」という掛川市のキャラクターだそうです。
早咲桜.jpgハート石.jpg
登城口の周囲には早咲きの桜が咲き始めていました。眺めていると心が洗われる様な気分になって来ます。(綺麗ですねぇ~!!)天守閣の石段を登り切ると掛川市内が一望出来ます。さらに足元を要チェックです!! 「一豊と千代のハート石」があります。
枝垂桜.jpg掛川桜.jpg
天守閣より二の丸御殿方面へ、堀周辺には枝垂桜が花を咲かせていました。そして御殿の目の前には掛川桜が咲いていました。なんと2003年に発見された新種の桜だそうです。城下を流れる逆川周辺は早咲きの掛川桜の花吹雪が舞っていました。
~終わり。。。
nice!(17)  コメント(0) 

春景色・フラワーパーク [静岡県を散策]

噴水.jpg
いよいよ春本番を迎えようとしています。天気予報でも「今年の桜の開花は、平年より早まるかも・・・」というコメントも聞こえる状態です。そうなると気分的にもウキウキして来ますね。一足早く春を感じたく、浜松市のフラワーパークを訪れました。
菜の花.jpg早咲桜.jpg
やはり皆さん考えることは同じようで、既に駐車場も程々に混み合っていました。正面ゲートを抜けると菜の花が入場者を歓迎してくれました。・・・風にも負けずマクロ撮影です!!その後は早咲きの桜に誘われるように西方向へ、いよいよ桜の季節です。
温室内.jpg天使像.jpg
風が吹くと肌寒さを感じる外ですが、温室は穏やかな日差しのもと様々な色合いの花が咲いていました。花の前にはベンチが用意されていて家族で記念写真を撮る姿も見受けられました。噴水の前で佇む天使の姿も暖かな日差しを浴びていました。
楽器.jpg水辺.jpg
噴水の東側には以前行われた「浜名湖花博」で展示されたモザイクカルチャーが残されていました。水辺を見てみると、いつの間にか芝生も青々としています。「池越えになると、まずは7番アイアンで刻んで・・・!!」なんて言いたくなる春の日でした。
~終わり。。。
nice!(16)  コメント(0) 

富士山日和~・湖西連峰 [静岡県を散策]

案内板.jpg
記録的な寒波の訪れた時期も過ぎ、示す気温は緩み加減になって来ました。昨年も春を前に訪れた湖西市の湖西連峰・嵩山へ久しぶりに訪れました。この時期は地元でウォーキングを楽しむ人々に出会います。挨拶も「こんにちは~」の一声です。 
分岐点.jpg山道.jpg
緩やかな山道を尾根伝いに進むと、そこは無の世界です。時折風の音と鳥たちの交わす鳴き声は聴こえますが・・・(夜来ると怖いだろうな!!)なんて思います。10分程歩くと分岐点の甲板があります。嵩山展望台へ、ここから急に坂道となって行きます。
埴輪①.jpg埴輪②.jpg
急に訪れた坂道に、少々息も乱れつつ展望台に近付くにつれて道の脇には埴輪がお目見えします。地元の岡崎小学校の児童達の作品です。作品は埴輪風で色々ありますが、これも作者の思い一つだと思います。まさに十人十色で見応えがあります。
アスモ.jpg富士山.jpg
石の並ぶ最後の坂を上ると周囲が見渡せる展望台に到着です。南に目を向けると自動車用部品メーカのアスモの工場が見えます。そして北東には手前に浜名湖、そしてその先には雪に覆われた富士山が見えました。(肉眼では綺麗に見えました!!)
~終わり。。。
nice!(14)  コメント(0) 

奥浜名湖の風景・舘山寺 [静岡県を散策]

常夜灯.jpg
この時期の散策は日中でも北風の影響もあって冷え込みます。こんな時の移動手段は車が何よりだと思っています。今回は久々の浜松市の舘山寺温泉街へ出掛けて来ました。当日は曇りのち晴れの天気も影響し、観光客も少なめの状況でした。
湖岸.jpg遊園地.jpg
駐車場から湖岸の風景を眺めながら舘山寺を目指します。途中、子供達の歓声が聞こえて来たのは遊園地・浜名湖パルパルです。寒空の中でも遊具で遊ぶ子供達を見ていると、遊園地は空いているからちょうど良い~!! ぐらいの感覚なんでしょうね。
九重.jpg地蔵.jpg
その先に大きなホテルの建物が見えて来ます。浜名湖を一望できる姿はホテル九重です。何時かは泊まってみたい老舗のホテルです。ホテル街には数件の飲食店もあり「志ぶき」さんの、うなぎ地蔵さんは訪れるたびに記念に撮ってしまう一枚です。
舘山寺.jpg縁結び.jpg
ホテル街の高台に古刹・舘山寺があります。境内から浜名湖が一望できることから、数組の観光客が訪れていました。その隣には「縁結び地蔵」があります。"心に鍵"の絵馬が数多く掲げられていますが"願いを忘れない"という意味があるようです。
~終わり。。。
nice!(18)  コメント(0) 

のんびりと・掛川花鳥園 [静岡県を散策]

花鳥園.jpg
北風の吹く冬時、太平洋側の地区では日差しの当たる室内は暖かいものです。それに加えて花や鳥達と触れ合えるのが「掛川花鳥園」の良いところでもあります。(なんとなくCМみたい?)久しぶりに訪れると多国籍の言語も聞こえる状況でした。
カモ達.jpg温室内.jpg
入口ではJAFの割引もありました。受付を抜けて「オシドリ池」を眺めているとカモが寄って来て、餌の催促です。その瞬間に写真を撮って餌の無い事に気付いたら解散していました。その先の屋内は多くの花に囲まれた喫茶エリアが広がっていました。
ふくろう.jpgインコ.jpg
イベント会場のブースでは数種類のフクロウ達が準備万端といった状態でした。夜行性のふくろう君ですから、中には夢心地の面々もいました。次はインコのブースです!! 彼らは、とにかく元気印で写真を撮っていたら肩に乗ってくるような状態でした。
孔雀.jpgスイレン.jpg
インコのブースを超え、次の部屋では運良く孔雀が羽根を広げていました。ちょっと背景が良くないのですが瞬間芸でしたので・・・。室内の水辺には小魚も泳ぎ、水面に多くのスイレンも咲いていました。花に、そして多くの鳥たちに癒された一時でした。
~終わり。。。
nice!(20)  コメント(2) 

空に五輪を描け!!・広報館 [静岡県を散策]

戦闘機.jpg
いよいよ東京オリンピックまで1,000日を切ったというニュースが流れて来ました。テレビでは1964年の東京大会のこぼれ話も放送されていました。浜松を飛び立ち、東京の空に五輪を描いたブルーインパルスの軌跡を探しに広報館に行ってきました。 
輸送機.jpgミサイル.jpg
まずは駐車場周辺に展示されている飛行機をチェックです。大きなプロペラ機が展示されていました。多分、輸送機なんでしょうね!! その脇にはヘリコプターと、なななんとミサイルらしき物が展示されています。これも航空自衛隊らしいのかもしれません。
零戦.jpgヘリ.jpg
展示用格納庫には19機の実物の航空機が展示されています。プロペラ機や戦闘機、数台のヘリコプターも見られました。まさに機体やエンジンの進化を窺うことも出来ます。零戦というと映画「永遠の0」や「風立ちぬ」などのシーンが浮かんで来ます。
F-86F.jpg操縦席.jpg
五輪を描いたブルーインパルスのことを庫内で確認をした所、同型(F-86F戦闘機)が展示されていました。操縦席に座りメータの多さにびっくり仰天です!! 2020年2回目の東京オリンピックが開催時、今回の日本はどんな輪を描くことが出来るのでしょう。
~終わり。。。
nice!(12)  コメント(0) 

静けさの中で・里山散策 [静岡県を散策]

用水路.jpg
北風が弱まる時間帯を見計らって里山に出掛けて来ました。訪れてみると山に近いこともあって程々の風が吹いていました。(この風が無ければ散策も楽なんですけどね)用水路に差し掛かった頃周囲を見渡すと、流れる水音とススキが揺れていました。
野菜畑.jpg神明社.jpg
昨年から今年にかけ冬野菜の高値が続きました。多分、収穫も少なかったのでしょう、訪れた時には新たな作物の準備が施されていました。そして近くの神社へ、この時期は訪れる人も少なく、防風林に守られた境内は風も少なく静けに満ちていました。
タンポポ.jpg水仙.jpg
里山の道沿いを歩いていると目に入ってくるのが、日差しを受けタンポポが花を咲かせていることです。周囲には黄色い花が数多くありました。さらに、この時期になると水仙も咲き始めます。山茶花を始め、これら冬に咲く花の生命力には驚かされます。
みかん.jpg
みかんも秋から冬にかけて収穫のシーズンを迎えていました。みかん畑では熟成した黄色いみかんが実っていました。季節が止まったかのように見られる冬の時期ですが、待つという季節(準備)を経て春の訪れがある事を思う里山散策でした。
~終わり。。。
nice!(17)  コメント(0) 

チームワーク・五社神社 [静岡県を散策]

参道.jpg
今年の元日は大晦日の雨などの影響により穏やかな日差しの中訪れました。初詣は何時ものように浜松市の五社・諏訪神社です。天候に恵まれると混雑する初詣ですから到着した時には鳥居の前まで参拝客で溢れていました。(おったまげーです!!) 
本殿.jpg狛犬.jpg
今年は帰り客のため参道が分割されていて、混雑中の参道の人の流れは幾分スムーズでした。目の前にはしっかりと時間をかけて願う家族連れ(賽銭は如何ほどで~?)今年の干支は戌年、五社神社で有名な青銅製のムキムキ狛犬さんを激写です。
境内.jpg露店.jpg
境内ではお守りや熊手を求める人々で賑わっていました。そしてもう一つ「おみくじ」にも列が出来ていました。境内に結ばれた多くのおみくじ、本来は内容に関わらず持ち帰っても良いとされています。さらに、帰りの参道では露店に列が出来ていました。
山茶花.jpg駅前.jpg
五社神社周辺を抜けると街中は営業を行っている商店も少なく静かでした。歩道では日差しを浴びて山茶花が鮮やかでした。いよいよ戌年もスタートしました。犬は社会性に溢れ親しみの深い動物です。今年もチームワークを大切にしたいものですネ!!
~終わり。。。
nice!(19)  コメント(0) 
前の10件 | - 静岡県を散策 ブログトップ