So-net無料ブログ作成

トヨタ産業技術記念館① [愛知県を散策]

正門.jpg
寒い季節、出掛けるのはちょっぴ面倒!!と思ってしまいます。それでも外出して気分転換するのは大切なことですよね。そんな時には安・近・短・・・今回は、というか毎年この時期に訪れている名古屋市の「トヨタ産業技術記念館」を訪ねました。
環状機.jpg人力機.jpg
館内では、豊田佐吉生誕150年の記念行事が行われていました。ロビーには佐吉が発明した環状織機がシンボルのように設置してあります。静岡県湖西市生まれの佐吉の発明も当初は人力織機の改善から始まりました。知恵と工夫は大切なんですね!!
動力機.jpg最新機.jpg
やがて人力機から動力機へと変化するわけですが、その技術の遍歴が見学ルート順に並び、館内では解説や実演も行われていました。そしてコンピュータを駆使した最新機、品質や加工スピードなど、これまでの技術を結集したものになっていました。
金型.jpg旋盤.jpg
モノづくり、量産化というのは製造業としては事業の核となるものだと思っています。それらを支えるのはマザーマシンと言われる専用機や金型です。金属加工コーナーでは生産に重要な技術を垣間見る事が出来ました。これこそ"日本の技術"ですね。
・・・つづく。

春への一歩・里山散策 [愛知県を散策]

用水路.jpg
この時期に里山を歩くときには不思議と目線は空へ空へと向いてしまいます。何故かというと、私の歩いている真上を飛行機が往来しているからです。当日は風も穏やかな日中でした。空へ、そして足元へと開放的な自然を味わう散策となりました。
農道.jpg田園.jpg
里へと伸びる農道です。ふと「銀色の道」(ダークダックス)や「冬の散歩道」(サイモンとガーファンクル)の歌も脳裏を過ります。そして水田と近くの大きな木は訪れるたびに四季折々の姿を見せてくれます。ここも絵になるスポットとして写真に収めました。
野菜畑.jpgみかん.jpg
秋の収穫を終えた水田は冬の時期は休眠状態です。畑に目を向けると寒空の中でもブロッコリーやキャベツが育ち始めていました。そして日差しを浴びた夏みかんは収穫の時期を迎えているのでしょう。ソフトボールを超える大きさに成長していました。
タンポポ.jpg菜の花.jpg
田畑のあぜ道を歩いていると足元にタンポポが花を咲かせていました。近寄ってみると私より先にお客様が訪れていました。さらにその先の畑では菜の花が咲き始めていました。寒い季節の中、一歩一歩春の準備が始まる里山の田畑風景でした。
~終わり。。。

"御縁を結ぶ"・五社神社 [静岡県を散策]

御神燈.jpg
今年の正月は天候に恵まれ暖かい日が続きました。こちら静岡でも例年この時期には北風が吹き続け冷え込む時期なのですが、天気予報によると三月上旬の春を思わせる気温
との事でした。私は例年の如く、浜松の五社・諏訪神社を訪れました。
参道.jpg狛犬.jpg
駅ビルを抜け神社へ、通りには和服姿の子供連れの家族の姿もありました。参道の鳥居を目の前にして「・・・なんだこれ!!」やはり天候が良い事もあって参拝列が昨年以上に伸びていました。並ぶ間、待ち時間をチェック!! 約20分で本殿に到着です。昨年と時間的には変わらないのは、随所で誘導員の方々が指示をしていたからでしょうネ。
熊手.jpgおみくじ.jpg
参拝で混雑、次なる脅威はお守りを求める人々の混雑です。(新年早々、割り込むなぁ~!!)と言いたい状況の中、お守りをGetです。一安心して積まれた熊手などを写真に収めました。そして「おみくじ」結ばれた"おみくじ"は神様との御縁を結ぶとか!!
露店.jpg駅通り.jpg
帰りの参道では子供達を歓迎するよう露店が並んでいました。久々に訪れた孫たちに「これ欲しい~!!」なんてねだられると財布の紐も緩みがちだと思います。いよいよ2017年も本格的にスタートしました。浜松の駅前通も賑わいが戻り始めていました。
~終わり。。。

◇謹賀新年◇2017年 [静岡県を散策]

大絵馬.jpg
 ・・・「大絵馬」・・・ 静岡県湖西市「常霊山・本興寺」にて

新年あけましておめでとうございます。
いよいよ2017年がスタートしました。今年はどんな年になるのでしょうね??
今年の干支と言えば「酉」です。酉の市があるように俗に商売繁盛につながったり、今まで行なってきた事の結果や成果が表れるなどと言われます。
まずは元気であること、そして前向に明るい生活を送れることが第一歩です。
今年も宜しくお願い致します。。。