So-net無料ブログ作成
検索選択

動物達・のんほいパーク [愛知県を散策]

のんほい.jpg
最近、動物園から流れる話題として取り上げられているのが、名古屋市の東山動植物公園のイケメンゴリラの「シャバーニ」です。こちら豊橋動植物公園でも豪華な面々が私達を楽しませ癒してくれています。愛称「のんほいパーク」へ訪れました。
シロサイ.jpgキリン.jpg
まずはアフリカ園へ、マスコットの"ほいくん"のモデルでもあるシロサイはがっしりとした巨体と大きな角が自慢です。もともと草食動物で大人しい動物のようです。そして細身の体が美しいアミメキリン、最近2頭に増え寄り添いあって行動しています。
ゾウ.jpgカンガルー.jpg
大きく力持ちの象の檻はかなり頑丈に作られています。日中は目の前の広場に居ますが、彼らにとっては狭い空間のようでした。オーストラリア園では多くのカンガルーが生活しています。最近では子供達も増え、家族で過ごす姿は愛らしい限りです。
山羊.jpgスイレン.jpg
屋久島山羊が飼われていた所には、小さな子山羊たちが六匹ほど居ました。私たちが近寄りカメラを向けると彼らも興味深そうなカメラ目線で応えてくれました。帰り道、植物園の温室では水辺に鮮やかな夏の花、スイレンの花が咲いていました。
~終わり。。。

ストリートの風景・横浜 [神奈川を散策]

延平門.jpg
浜から浜へ!!・・・JR浜松から新幹線に乗り新横浜の駅を降りると「ちょい寒!!」という感覚が体に伝わって来ました。訪れた当日の気象予報では東海地方と関東地方の気温差が3℃程ありました。この気温差こそが深まる秋を感じるものとなりました。
中華街.jpg善隣門.jpg
石川町駅を下車し中華街へ・・・思った以上に賑わっていました。そんな事もあって今回は"ストリート"という観点で街を散策してみようと思いました。大勢の人々が往来する中華街、漲る活気の中、聞こえて来るのは中国からの観光客の声でした。
山下公園.jpg赤レンガ.jpg
山下公園に到着です。氷川丸を始め港が一望できる通りでは、写真を撮る外国人観光客や休日を楽しむ家族連れで溢れていました。湾岸をみなとみらいを目指して歩くと途中赤レンガ倉庫があります。当日はイベントが行われていて賑やかでした。
馬車道.jpg伊勢佐木.jpg
これまで訪れた際には一気にみなとみらい、そして帆船日本丸を目指しましたが今回は味のある馬車道と舵を切りました。う~ん!!ハイカラさの中にも昔の日本らしい風情が残っているような街並みです。その風情は伊勢佐木町にも広がっていました。
~終わり。。。

歓声の中で・静岡大道芸 [静岡県を散策]

ステージ.jpg
秋が進み肌寒さが訪れる頃、静岡市内では大道芸ワールドカップが行われます。今年で25周年を迎えた大会は、11月とは思えない程の暖かさの中行われました。まずメイン会場の駿府公園へ・・・残念ながら大勢の観客でパフォーマーは見れませんでした。
屋台村.jpgおもちゃ.jpg
会を重ねる毎に駿府会場は観客で溢れている状態が続いています。それだけ大道芸が静岡に定着したとも言えます。公園内に振り分けられたスポットの周りには屋台村が出来ていました。そこには暖かい休日の一時をビール片手に寛ぐ家族の姿がありました。さらに、その周囲には大道芸グッツも~ここぞとばかりの販売です。
加納真美.jpgボール技.jpg
駿府会場を離れ、青葉通り⇒常盤公園⇒七間町を巡回するように訪れました。街角の会場は程ほどの観客で、楽しみ方として会場を転々としながら見回る事が出来ます。私のお気に入りのパントマイムは何時ものように七間町通りで行われていました。今回はパフォーマーとして有名な"加納真美さん"の登場で通りは笑いが弾けていました。
クラウン.jpg呉服町.jpg
大道芸の会場を眺めてみると多くのボランティアの方々に支えられている事に気が付きます。(ありがとうございます!!) さらに盛り上げ役として子供達にも人気のある"街角クラウン"の存在も欠かす事が出来ません。夕暮れ時、呉服町通りでは駅へと向かう人の群れがありました。歓声が聞こえる中、ストリートは本格的な秋を迎えようとしていました。
~終わり。。。

蘇るその時を・名古屋城 [愛知県を散策]

天守閣.jpg
朝~眩しい日差しを感じる中、ふと布団の温もりを感じる季節となって来ました。四季のある日本では生活の小さな出来事の中にも季節の移ろいを感じる事が出来ます。そんな晴れた日の午後列車に揺られて、久しぶりに名古屋城を訪れてみました。
金の鯱.jpg土産物.jpg
天守閣は昭和20年の名古屋空襲で焼失し、昭和34年に再建されました。さすが尾張徳川家の天守~豪華絢爛・・・と城マニアの春風亭昇太さんも言いそうです。そして、金の鯱、天守閣の入口にドドンとありました。7階展望室には売店もありますヨ。
清正公.jpg二の丸.jpg
名古屋城の築城時には数多くの大名が徳川家康に工事を命ぜられたようです。二の丸広場前には清正公の石曳きの像もありました。広々とした二の丸庭園を散策していると当時「尾張名古屋は城で持つ」の言葉そのものだったのかもしれません。
屏風絵.jpgくまモン.jpg
そして再建中の本丸御殿内の散策です。フラッシュ撮影のみ厳禁という事で、皆さん屏風絵を撮っていました。当時を思わせる輝きは是非とも肉眼で見るべきだと思いました。
◇◇◇
天守閣の展望室で風景を眺めていた時に目に留まったのが外国観光客が本丸御殿再建のための募金箱に寄付をしていた所でした。本丸御殿では子供たちが熊本復興のための募金をしていました。こんな一つ一つの善意がやがては大きな形となって"蘇るその時を"迎えるのだと思います。くまモンの願いは私達の願いでもありますから。
~終わり。。。