So-net無料ブログ作成

心地良い風の中・舞阪宿 [静岡県を散策]

舞阪駅.jpg
浜松駅からJR東海道線・下り列車に乗車し二つ目の駅が「舞阪駅」になります。古くはこの界隈、交通の要所であった所です。そんな参勤交代で行き交う江戸時代を想像しながらの散策をしてみました。反面、平成に改築された舞阪駅は眩しいです!!
銀杏.jpg狛鹿.jpg
駅の北口を出て歩くと程なく春日神社があります。由緒を見ると1381年と記されていますので室町時代、金閣寺で有名な三代・足利義満公の時代となります。本殿に進むと~しかし!!洒落も言いたくなる、狛犬でなく狛鹿たちが神社を守っていました。
松並木.jpg浪小僧.jpg
室町から江戸時代へ!! 今でも残る「東海道松並木」へと訪れました。この背景に似合うのは助さん格さん、そしてうっかり八兵衛です「御隠居、今日は舞阪の宿でうなぎ三昧ですねぇ~!!」なんて言葉も浮かびます。通りには浪小僧の石像もありました。
舞阪宿.jpg渡船場.jpg
並木道から現代の国道一号線を超え、潮の香漂う「舞阪宿」へ向かいます。通りは宿場町の面影を残す家屋や史跡もありました。浜名湖が見え始める頃、舞阪港の渡船場跡に到着です。季節は秋本番へ!! 港には体に心地良い風が吹いていました。
~終わり。。。

とと姉ちゃん~井伊直虎 [静岡県を散策]

浜松城.jpg
NHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」も無事終了しました。常子が幼少期に育った遠州ロケでは浜名湖が映されていました。「ここ、奥浜名湖の・・・」なんて思いながら見ていました。さてさて、今回はJR東海道線でその浜名湖を超え浜松城公園を訪れました。
天守門.jpg石垣坂.jpg
浜松城公園で一際目立つのが2014年に復元された「天守門」。明治期に取り壊された建物を現代に復元させるというのは、今さらに高度な建築技術に驚いてしまいます。そして天守から庭園へと通じる坂の石垣も歴史を感じさせるものになっています。
庭園道.jpg池泉滝.jpg
間伐され明るくなった庭園の道には日差しが入り込み、緑が目に優しく歩いていても清々しさを感じます。石橋の近くには錦鯉が泳ぎ、渡ると水音が聞こえる中滝が見えて来ました。周囲の石を包むように流れる滝の姿を、結果として上手く撮れました。
直虎旗.jpg
帰り道、庭園から再び天守門近くの広場(旧本丸)へ、目の前には城主・徳川家康公の銅像があります。入口には"のぼり旗"が並んでいました。「井伊直虎・ゆかりの地」 来年の大河ドラマでは再び盛り上がりを予測させる地元・遠州路でありました。
~終わり。。。

季節の移ろいの中・清水 [静岡県を散策]

パーク.jpg
台風シーズンとは言え曇り空の多すぎる秋です。晴れた日を選んで静岡市清水区の「清水マリンパーク」へ出掛けて来ました。初秋の頃、晴れるとこの時期でも少々日差しが厳しく感じます。そう思うと"暑いや寒い"と言っている人間って贅沢ですね。
自転車.jpg水遊び.jpg
最近増えて来たロードバイクを楽しむ人達、海からの風を切って走るのはこの時期の楽しみになる事でしょう。季節の変わり目というのは子供達には関係ないようです。目の前に水場があれば即座にダッシュ!! これも子供らしい行動ですけどネ・・・。
遊覧船.jpg観覧車.jpg
秋といえば観光シーズン、港には数隻の遊覧船が停められていました。中でも太平洋に浮かぶ船から望む世界遺産・富士山の姿は格別だと思います。そしてエスパルスドリームプラザ、当日は中国観光客を乗せた観光バスが横付けされていました。
寿司店.jpg土産店.jpg
インフォメーションで撮影の確認、「営業に影響のない程度ならば~」ということでした。以前はショッピングセンターという形でしたが、リニュウアルされ、各コーナーの区分けがされていました。いよいよ秋本番!! 店内は旬の食材求め賑わうことでしょう。
~終わり。。。

来る福・招き猫祭in瀬戸 [愛知県を散策]

商店街.jpg
尾張瀬戸駅を下車し祭り会場へと向かう途中ですれ違う子供達。いや?"子猫たち!!"という表現の方が、その答えは近いのかもしれません。子供たちに加えて家族皆での"猫メイク"そんな姿が「来る福・招き猫まつりin瀬戸」祭を盛り上げていました。
招き猫.jpg金福猫.jpg
祭りの人出は幾分少な目のように感じられました。やはり景気などの影響もあるのかもしれませんが"続けるぞ!!"という事が大切なのだと思います。こんな時には黄金に輝く猫くんたちの登場もあります。売り場の中央に陣取り注目を集めていました。
瀬戸焼.jpgボード.jpg
店先では招き猫が並び、後列では瀬戸食器が並べられていました。訪れていた主婦のみなさんは特売品の食器も要チェックのようでした。そして祭りのメイン会場である瀬戸蔵に到着、ホールに設けられた顔出しボードは子供達に大人気でした。
金運猫.jpg三毛猫.jpg
瀬戸蔵会場のショップでも多くの招き猫たちが私達を歓迎してくれました。両手を上げている招き猫は「すべての福を招く」と言われているようです。そして今回出会ったお気に入りはショップの店頭に座した三毛猫くん・・・ふと、(人間も色々と大変なんだよ~)と囁くと(そうらしいネ!!)と満面の笑顔で返事をしてくれたような聴き猫くんでした。
~終わり。。。