So-net無料ブログ作成
検索選択

輝く時代~博物館・明治村 [愛知県を散策]

教会堂.jpg
最近では特別番組などでの放送のみとなってしまった時代劇~そんな姿に少々残念な思いをしてしまいます。最も多く背景として掲げられるのが戦国時代と幕末から明治にかけてです。今回はその軌跡を博物館 明治村で辿ってみることにしました。
従道邸.jpg洋食器.jpg
明治時代に衣食住は大きな変化を遂げました。まず着物から洋装へ、従来の木造平屋住居はレンガ造りへと変化しました。食習慣としては、魚や野菜を中心とした米食から肉料理へと幅が広がりました。そんな中「和食」は見直されようとしています。
歩兵舎.jpg兵舎内.jpg
軍事力も陸・海と欧米列強を目標に向上させようとしました。日清、日露を経て大国の仲間入りをしようとしました。ここで浮かんでくるのがNHKドラマ「坂の上の雲」です。ドラマの中では武士道に満ちた輝かしい日本人たちの姿が映し出されていました。
天主堂.jpg堂内部.jpg
日本人の心の拠り所といえば"八百万の神"に加えて仏さまでした。長い鎖国時代を経て信教も新たな時代に迎えられたことでしょう。加えて芸術音楽の世界や、新たな文化も生まれたことでしょう。あらゆるものが現代へと導かれる瞬間でした。
~終わり。。。

夏から秋へ!!・奈良公園 [奈良県を散策]

猿沢池.jpg
「暑さ寒さも彼岸まで・・・」とか「今年は台風が少ない!!」とか、色々と先が読めない秋の日々でございます。私自身、寒いのよりは少々暑い方が好みですので外出や散策の面では助かっている限りですけど~。今回は、奈良へと出掛けて来ました。
大仏殿.jpg灯籠.jpg
近鉄奈良駅から土産物街を抜け猿沢池へ、ここでの絶好のポイントでの写真はどうしても残しておきたい一枚です。そして中国観光客の皆さんで賑わう東大寺へ、大仏殿の大きさに感動し、加えて八角灯籠は1,200年この場に在るとの事です。
二月堂.jpg若草山.jpg
大仏殿の東へ、石段を登り"お水取り"で有名な二月堂にやって来ました。急な石段がありますが堂からの眺めは一見の価値があります。若草山の麓を通り、春日大社を目指します。途中、立ち止まると~寄ってくる鹿くんたちを写真に収めました。
茶店.jpg参道.jpg
広々とした春日大社の森へ、入口に茅葺の茶店がありました。幾度となく訪れている奈良公園ですが、このような伝統的な家屋は外国の方々にも大人気のようです。人々が参道から社殿へと赴く時とは神前での願い事も駆け巡る時でもあります。
~終わり。。。

水族館の後で・名古屋港 [愛知県を散策]

観測船.jpg
暑さの続く頃、時に水族館などで海の生き物たちを見るのも楽しいものです。今回は名古屋港水族館へ訪れた後、ガーデンふ頭を散策しました。名古屋港駅からふ頭を目指すと目の前に港とポートブリッジ、そして南極観測船「ふじ」が見えて来ます。
ポスト.jpgボータン.jpg
まずは気になるもの二点、一つ目は名古屋港水族館の目の前にあるペンギンの形をしたポストです。水族館をバックに記念写真を撮る人もいますが子供達にはこちらが人気です。二つ目は水族館の裏側、海の見える高台のボータンです。こちらは名古屋港の開港100年を記念したPRのマスコットとして登場したもので、ミータンもいるようです。
タロジロ.jpg観測車.jpg
そして係留されている南極観測船「ふじ」の周囲にもそれに関係するものが設置されています。ここで有名なのが観測隊を支えた「タロ・ジロ」の像です。映画「南極物語」はその生涯が映し出されていました。近くには装甲車のような観測車もあります。
ポートビル.jpg岸壁.jpg
南端には、NHK名古屋局の気象情報などで映像が流れるポートビルがあります。展望台もあって十分楽しめるスポットでもあります。そして大型クルーズ船が接岸できる岸壁、以前訪れた際は帆船・日本丸が寄港しセイルドリルが行われていました。
~終わり。。。

歩きスマホ・岡崎城公園 [愛知県を散策]

岡崎城.jpg
岡崎城に訪れて思うのが、撮影スポットです。天守閣周辺が木々に覆われているため「ここぞ!!」という場所が見つからない次第です。最近になって周囲の間伐も行われ幾分天守閣も見えるようになって来ました。そんな公園入り口側からの一枚です。
入城口.jpg御神燈.jpg
天守前の広場に訪れると園内放送が聞こえてきました。「歩きながらのスマホの操作、禁止区域には立ち入らないで下さい!!」などなど、最近では駅の構内放送でも耳にするようになった内容、ポケモンGOの影響は色々な所に表れているようです。
神橋.jpg龍城堀.jpg
そう考えると周辺にはスマホを持った若者たちが点在していました。天守から石段を下りて周囲の堀周辺を散策します。水面の瑞々しい景色を求め日影までやって来ると、熱い体を癒すように風が吹いて来ました。こんな時の風は心地良いものです。
茶屋.jpg伊賀川.jpg
堀周辺の緑を抜けると和風の茶屋がありました。この時期はまだまだ「かき氷」が人気のようです。帰り道、城の西側を流れる伊賀川沿いに訪れました。川べりに伸びる道沿いにはジョギングランナーや、犬を連れ散歩に訪れた家族の姿がありました。
~終わり。。。