So-net無料ブログ作成

釣人達・新居海釣り公園 [静岡県を散策]

今切湊.jpg
静岡県湖西市のJR新居町駅を下車し東へ10分ほど歩くと浜名湖が見えて来ます。今回は浜名湖沿いを南下し新居弁天海浜公園へ向かいました。地元では「海釣り公園」と呼ばれている所です。ちょうど汽水湖である浜名湖の今切口になります。
ゲート.jpg広場.jpg
公園内には湖に突き出しているケートがあります。各々のゲートには休日に糸を垂らしてのんびりと釣りをしている家族の姿がありました。この一時が釣人にとっては至福の瞬間でもあります。広場では家族や仲間たちとのバーベQが行われていました。
漁港.jpg停船場.jpg
湖岸を北へ、新居港へとやって来ました。ここでも停められている漁船の周囲で釣りをしている人々の姿がありました。先を見渡すと等間隔に車が止められ横付けして釣りをしているようです。訪れた際、50cm程のエイを釣り上げている人もいました。
釣り船.jpg弁天島.jpg
浜名湖の歩道橋を渡り新居弁天へ、湖岸には釣船が停められていました。ここは写真の愛好家にとって絶好のスポットです。見えている橋、手前がJR東海道線、奥が新幹線になります。そして弁天島へ、到着した頃には海風が強くなっていました。
~終わり。。。

小さな出会い・富士散策 [静岡県を散策]

石碑.jpg
梅雨時でも雨が降らないようであれば散策に出掛けたくなります。特に梅雨の間の1ヶ月半の期間はそんな事を思ってしまいます。多分、富士山は見えないけれど・・・と想像しつつ、新富士駅を下車しました。曇り空を眺めつつ富士川を目指しました。
鉄橋.jpg富士川.jpg
富士川沿いの渡船場跡から富士川橋を渡ります。石碑が示すように、鉄橋が出来るまでは船で往来していたのでしょう。橋沿いに歩道が備えられています。ちょうど中ほどに進み上流方向に目を向けると晴れていれば富士山が見えるんですけど・・・
楽座.jpg出店.jpg
橋を渡り少々上り坂の道を北へと向かいます。程なく東名高速の橋を潜り富士川SA「富士川楽座」に到着です。ここは道の駅として一般道側からもエリアを活用出来ます。地元の食材等を生かした売店が並び、広場では骨董市が行われていました。
紫陽花.jpgホーム.jpg
帰路は折り返すように富士川駅を目指します。駅までの通りは昔の面影を残す家、そして路地がありました。通りの激しい幹線道路から一歩細い路地に入った所に、綺麗な紫陽花が咲いていました。梅雨の一時、小さな出会いに満足の散策でした。
~終わり。。。

静かなる空間・京都散策 [京都府を散策]

退蔵院.jpg
JR花園駅を下車し信号待ちをしていると私の隣に老夫婦がやって来ました。彼らは信号待ちをしている地元の中学生に妙心寺の行き方を訪ねていました。京都は各寺院の本山も多く様々な人たちが色々な想いを胸に訪れる町でもあると思います。
枯山水.jpg余香苑.jpg
初夏の時期訪れている妙心寺・退蔵院は最寄りの駅からも近く、街中の寺院としては本当に静かな場所です。枯山水「元信の庭」「陰陽の庭」を経て「余香苑」へ、静かです!!訪れた日は参拝客も少なく、しばしこの静けさを独り占めしてしまいました。
等持院.jpg庭園.jpg
妙心寺を後に一条通から路地へ、京福北野線の線路を超え等持院に到着です。ここでも数人の観光客が訪れていただけで、静けさの中で庭園をじっくり拝観する事が出来ました。足利将軍家の菩提所として知られている院内は見応え十分です。
今宮神社.jpgあぶり餅.jpg
きぬかけの道から金閣寺を目指しましたが門周辺は外国人や修学旅行生で大渋滞していました。そこで予定変更デス!! 北大路通を東へ今宮神社を目指しました。予想通り境内は落ち着いた雰囲気でした。名物「あぶり餅」は・・・美味でござります!!
~終わり。。。

三河湾夏景色・蒲郡散策 [愛知県を散策]

貝殻.jpg
砂浜に打ち上げられた貝殻を見ていると眩しさと同時に夏のような照り返しを感じました。並んでいる貝殻はほとんどが真っ白に洗われていました。この陽気になると海が恋しくなります。訪れた蒲郡・三河湾の海は天候にも恵まれ波も穏やかでした。
岩場.jpg岩海苔.jpg
海に目を向けると太陽の光に波が輝いていました。まさに夏の景色です。そして岩場に人影が・・・何をやっているのか見ていると、潮干狩りではなさそうです。海藻を取っているようには見えませんでした。多分、岩海苔を取っているのだと思いました。
ボード.jpgテトラ.jpg
砂浜が広がる三谷温泉のホテル前にはウインド・サーフィンのボードが置かれていました。この周辺は愛好者が集う場所となっています。その先へ足を進めると道沿いに防波堤が作られています。海を見渡すと全身に心地良い海風が吹いていました。
漁船.jpg漁港.jpg
防波堤に囲まれたように蒲郡漁港があります。日中は、人影もなく港内には波に揺れる漁船が数隻係留されていました。水揚げ場を覗いてみると早朝の忙しさが感じられる周辺でした。今晩には取れたての三河湾の海の幸が食卓を飾ることでしょう。
~終わり。。。

涼を求めて~!! 天竜二俣 [静岡県を散策]

宣言.jpg
梅雨前の日本列島は予想以上に気温が上がりました。まるでこのまま季節を飛び超えて夏が訪れるようでした。そんな時に足が向くのが山や海です。今回は浜松市の山間の天竜二俣の散策です。遠州鉄道・西鹿島駅を下車し北へ向かいました。
鹿島橋.jpg田代家.jpg
穏やかに流れる天竜川に架けられている鹿島橋を渡ります。川を覗くと水面には岩が点在していました。多くは長年に渡る水流によって削り取られたようです。渡り終えた所に筏問屋・田代家の看板が、当時は筏が交通の手段だったたのでしょう。
天浜線.jpg本町駅.jpg
田代家から途中、鳥羽山公園に立ち寄りました。(昼食ということで~!!)公園の坂を下りた所に天竜浜名湖鉄道の踏切がありました。そしてその先の二俣本町駅へ、線路沿いは緑も多く涼しい風と、鳥の声が一際心地良さを感じさせてくれました。
二俣川.jpg二俣駅.jpg
天竜二俣駅へ向かう途中二俣川に立ち寄りました。夏に訪れた頃には家族が訪れ水遊びやバーベQが行われていました。この時期でも暑さの影響で清々しささえ感じてしまいます。帰路は天竜浜名湖鉄道で一時間弱のローカル列車の旅でした。
~終わり。。。